板落とし込み 板倉造り【大阪 ふじもと工務店】

板倉は倉の壁を木材(杉)でつくったものの名称である。柱を建ててその間に厚板を落とし込んで木の壁をつくる昔からの構法の一つでその代表的な建造物は伊勢神宮で、ところどころに板落とし込みの壁がみられる。
板倉造りの家の構法は四寸(120ミリ)の角材(柱)に溝を彫り、厚さ一寸(30ミリ)幅五寸(150ミリ)の厚板を落とし込んで組まれる。
伊勢神宮・外宮正宮入口
伊勢神宮・外宮正宮入口

外宮・正宮の塀
外宮・正宮の塀
木組みイラスト

心地よい住まいをつくる
現在の日本の木造住宅の壁は合成樹脂接着材であるボンド臭の強い集成材である新建材の合板と合成断熱材で機密性を高め、日本の高温多湿の風土からみて、その居住性は健康上、適しているとは思われない。自然に呼吸する 天然の木の壁が調湿性に優れ、断熱保温効果も高く木造住宅の構造的改革が再認識されてきている。