新福寺 庫裡全面改装竣工

新福寺と萱野三平ゆかりについて

ここ新福寺は忠臣蔵で有名な萱野三平との縁が深く訪れる人も多い。萱野三平は箕面市萱野で当地の領主として勢力を持っていた父重利の三男として生まれる。戦国の乱で一時逼塞した重利はその後、江戸時代に美濃の旗本大嶋氏の家臣となり、大嶋家の所領諒橋庄(現、豊中市庄内、大島町)の代官として仕えた。寺は旗本大嶋氏の祈願所であり、地元の新福寺に所縁があった。萱野三平の墓碑、父重利、叔父・兄の墓碑がある。
山門
山門2
重厚な雰囲気の山門
山門から本堂を望む
寺院内にある萱野三平の墓碑、
父重利、叔父・兄の墓碑もある

萱野三平旧邸長屋門

萱野三平生誕の旧邸長屋門
萱野三平生誕の旧邸長屋門
旧邸冠木門
旧邸冠木門
萱野三平が自刃した居間
萱野三平が自刃した居間

閑話休題。
本堂横、庫裡が装いも新たに甦る。
平成28年12月に竣工した新福寺庫裡は寺院独特の建築様式の中にも現代的なモダン部分を取り入れ、秀れた雰囲気を醸しだしている。

新しくなった新福寺庫裡

格子を生かした
数寄屋風雰囲気の玄関
本堂と庫裡はつながっている


大きくとった軒びさし
大きくとった軒びさし
格子の木と漆喰のコントラスト
格子の木と漆喰のコントラストが美しい
寺務所受付
寺務所受付の
役目をする
つくり付けの棚

沓ぬぎ台
沓ぬぎ台はけやきの化粧一枚板
つくり付けの履物入れ
土間の奥は中庭
土間の奥は中庭が見える

すす竹の丸窓
すす竹の丸窓。壁は漆喰塗り
上がり框
けやきの上がり框に表畳
フローリング
大きな障子のあるフローリング
調和のとれた和洋折衷の部屋

和室
丸窓と腰棚障子
丸窓と腰棚障子のある部屋


玄関から奥に
向かう畳廊下
中庭を横に見て2部屋分の長い廊下
曲がり廊下
曲がり廊下を曲がると
2部屋分さらに奥に通じる
曲がり廊下と中庭を見る
中庭
中庭

和室
襖を開けると隣の部屋と続き広い空間が出来る
書院と床の間
書院と床の間のある座敷

洗面台と和風トイレ
つくり付けの建具の上の
洗面台と和風トイレ


庫裡の裏
庫裡の裏
ぬれ縁のある裏庭
ひさしひさしの化粧
本堂に続く庫裡の裏本堂に続く庫裡の裏を見る